ucc milk coffee

コーヒー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ucc milk coffee の概要

製造者:ユシーシー上島珈琲(株)
種類別名称:乳飲料
商品名:ミルクコーヒー
内容量:250g
原材料名:砂糖、脱脂粉乳、コーヒー。全粉乳、乳糖、乳化剤
100gあたりのカロリー:44kcal  たんぱく質:1.6g  脂質:0.7g  炭水化物:7.1g  食塩相当量:0.10〜0.18g
一般的な缶コーヒーより少し大きめで1969年から売られてて50周年を2019年に迎えたそうで“缶コーヒーの最長寿ブランドとして、ギネス世界記録に認定されました。ゆるキャラやエヴァンゲリオンに最近ではポケモンともコラボしています。ほんのりコーヒーの風味がある程度で苦味などもほぼ無くコーヒーの主張は強くないからかさっぱりしていて飲みやすいと思いました。

30年位前に生物の先生がイギリスに行ったときに丁度夏か何かで熱くて困っていたところディスカウントストアでUCCミルクコーヒーを見つけて感動したと聞いたことがるのでそれだけ前からこのUCCミルクコーヒーは世界で売られていたのでしょう。

誕生秘話

世界初の缶コーヒーを開発したのはUCC創業者の上島忠雄。喫茶店でコーヒーを飲むスタイルが一般的だった時代からコーヒーをいつでもどこでも手軽に飲めるものにしたいという強い思いを抱いていました。そんな時に上島さんは駅の売店で冷蔵の瓶入りのコーヒー牛乳を購入するも一口飲んだ時に発車ベルが鳴り当時瓶は回収されていたため大半を飲み残して瓶を返却せざるを得ませんでした。この時の「もったいない」という思いが常温長期保存が可能な車内などにも持ち運びができる缶コーヒーのアイデアを閃かせて自らが中心となり開発を開始したそうです

食品業界初の商標登録

誕生当初から使用している茶色・白色・赤色の3色が、2019年11月29日に特許庁により「色彩のみからなる商標」として登録されました。特許庁による登録は食品業界では初、国内で8番目となります。

まとめ

スタンダートな味わいで50年以上愛され続けているUCCミルクコーヒーぜひ飲んでみてはいかがでしょうか

コーヒー

Posted by AOK