コナーウッドマンが見た!フェアトレードのおかしな真実のその感想

フェアトレード,

そもそもフェアトレードとは

フェアトレードは、「市場経済は貧しい国や貧しいひとたちを搾取している」として、「公正な取引」を企業に求めるアンチ・グローバリズムの運動のことです。日本でも若い人を中心に広まってきています。又フェアトレードだけでなく、レインフォレスト・アライアンス(熱帯雨林保護)やUTZ(サスティナブルコーヒー)、FSC(森林保護)等同様の趣旨で運営されている認証機関はいくつもあります。

内容

『フェアトレードのおかしな真実』はフェアトレードの主張は、「アフリカや中南米で、グローバル企業が農家のコーヒーやカカオ豆を不当に安く買い叩いている」というものだ。熱帯雨林を伐採し、それでも生活できず困窮に陥って破産してしまう。この問題を解決するもっとも有効な方法は、貧しい国の農家も労働に対する適正な利益が得られるよう、グローバル企業が「公正な価格」でコーヒーやカカオ豆を購入することだ。そうすれば農家の経営は安定し、無理な農地拡大も必要なくなり、自然も人々も持続可能になるだろう。というところに疑問に思ったイギリスのジャーナリスト、コナー・ウッドマンは自分の目でフェアトレードの現場を確かめる旅に出るという話です。

フェアトレードの実態をめぐる旅でウッドマンが思い知ったのは、貧困の原因は腐敗した政府であり、権力の崩壊がもたらす内戦や内乱だということだ。それによってグローバル企業が撤退し、仕事を失った現地のひとびとが経済的な苦境に追い込まれる。それでもコートジボワールのオラム社のように現代のグローバル企業は利益を追求しながらもコンプライアンスにしばられ社会的な評判を気にしている。そのうえ彼らは投資のためのじゅうぶんな資金を持ち優秀な人材を抱えている。その一方でコートジボワールのオラム社のように現代のグローバル企業は利益を追求しながらもコンプライアンスにしばられ社会的な評判を気にしている。そのうえ彼らは投資のためのじゅうぶんな資金を持ち優秀な人材を抱えている。 だとしたら「経済格差の元凶」としてグローバル企業を敵視するのではなく彼らのちからを上手に利用した方がずっといいのではないのだろう。それが長い旅を終えてウッドマンのたどり着いた結論で、フェアトレードのマークのついたコーヒーを飲んでいるだけでは世界はなにひとつ変わらないのだろうと

感想

いくらフェアトレード認証を受けていても、現地の作業員は命の危険を犯してまで作業しているので、実際に命を落とす人が多くいます。現地の作業員は生活の為にそのことを承知でやむ終えず作業していることがわかります。またフェアトレード認証を受けていなくとも、フェアトレードもしている企業やフェアトレード認証がないからと言って共に歩く意思のある企業があることを示しています。コーヒーに関する統計データも興味深かったです