急須スキッターで手軽に達人の味に

コーヒー,器具

こんにちはAOKです
コーヒーは安定した味で淹れる上でポットからフィルターへの一定の太さの注湯が大切だとされています。


しかしながら小さいポットならある程度は出来ても大きいポットや、やかんだと一定のお湯の細さを保ちながら注湯するのは実際難しいのです。なので今回は急須スキッターというドリップの裏技ともいえる道具について紹介していきたいと思います。

急須スキッターとは

そもそも急須スキッターとは急須の注ぎ口に取りつけて、水のぼた落ちや後引きを防ぐ小道具です。珈琲の界隈では点滴ドリップが簡単にできるツールとして昔から知られていて、コーヒーを淹れるのに慣れていない方だけでなく細くお湯を注ぐことが特徴である松屋式ドリップとかネルドリップ等で使われたりするそうです。

個人的に使いたいと思ってはいたのですがamazonではショップによって値段の差が大きくて安いところでは200円もしないのですがそういったの物はいつもタイミングが悪いのか見に行ったときには売り切れてしまっていて購入にぎりぎり躊躇いそうな700円ぐらいするショップの物しかなく二の足を踏んでいたのですが運よく200円未満の物が売られていて無事購入することができました。

急須スキッターで手軽に達人の味に

使い方は各々の器具の注ぎ口に取り付けるだけで、ポットややかんに短いほうが上になるように差し込んで使います。

後は普段コーヒーを淹れるのと同じようにコーヒーの粉の上にお湯を乗っける感じで抽出液の通り道を作るために蒸らした後、20秒ほどしたらのの字を書くように注湯していけば普段の物より濃くて濃厚なコーヒーが楽しめるはずです。

又上記のやり方でいつもの半分ほど抽出したところでドリップを止めて、もう半分をお湯で希釈すれば普段の物に比べてコクがありながらもすっきりとした味わいが出せます。

そこまで必要かといわれると…

確かに普通にやかんやポットでそのまま入れたときに比べてお湯の太さを細くすることで味を濃くすることはできる上に基本ポットは選ばずどれでも使えるので便利といえば便利なのですが、そもそも普段コーヒーを飲む際にたったコーヒー一杯分の150mlか、一緒に飲む人がいた場合に倍に増えたとしても300mlの量で態々大きいポットに急須スキッターを差して使うくらいなら普通に小さめの細口ポットで淹れれば濃さはコントロールはしやすいし小回りも聞くので家にあるのなら必要はないと思います。

まとめ

うまく手に入れれば200円もしないでで家にあるポットで手軽に達人級の点滴ドリップが体験できるのはとてもすごいことだと思います。

Amazonだけでなく東急ハンズやホームセンターでも売っているみたいです。気になる方はぜひチェックしてみてください